Beaver Builder 2.2が正式リリース!Add-on無しでも美しいサイトが構築可能に!

2018/12/01

Beaver Builder 2.2が正式リリース!Add-on無しでも美しいサイトが構築可能に!

beaver-builder-2-2-falcon

いよいよBeaverBuilder 2.2が正式にリリースされました!

今年の春頃からβ版を触ってみていたのですが、これもうAdd-on無くてもちょっとしたサイトは余裕で作れるじゃん!という代物でしたので、正式リリースを楽しみにしていました。

11月の終わりにようやくリリース!とはいえ、自動更新にはまだ対応していないので、BeaverBuilderサイトにログインしてから2.2をダウンロードしてください。(WordCamp US 2018から帰ってこられたら自動更新対応を調整されるそうです・・・(´・ω・`))

早速、DLして少し触ってみましたので、進化したポイント&触った感想をお伝えいたします。

※因みに、こちらのサイトやクライアントさんのサイトはVer.更新していません。Add-onがまだ追いついておらず表示されなくなるモジュールもあるといった声も上がっていますので、Ver.アップされる際は慎重にお願いいたします。

Get Beaver Builder Now!

テンプレートが豊富になった

BB2.2_06

まず、テンプレートがめっちゃ増えました!

テンプレートといっても1ページ全てといったものではなく、コンテンツ毎のテンプレートなので非常にシンプルで良いです。

価格表のテンプレートとか、予めある程度設定してあるものを使って、自分好みに変更がかけれるというのもページビルダーの良い部分だと思います。

 

レスポンシブ対応になった

BB2.2_01

やっとかー!!!と思ったレスポンシブ機能。

BeaverBuilderで作成したサイトは、自動的にレスポンシブ機能はついているのですが、フォントや画像のサイズのデバイス毎の設定はできませんでした。

これがネックでAdd-onを使用する理由の一つでしたが・・・・。

しかしー!ようやく!!!!!対応できるようになりました!!!!!素敵ーーーーーっっ

 

値がpx以外でも指定可能に

スクリーンショット 2018-12-01 09.37.45

今まではpxに限定されていますが、2.2では px , % , vw , vh から値を設定できるようになりました。

コードが書けない私には、このメリットというか喜びポイントは分からなかったのですが、WP ZOOMUPで「px 以外にも設定できますか?」とのご質問があったので、できたらきっと便利な方がいらっしゃるのでしょう!!

できるようになりましたよーーーーーーーー!!!!!!

 

スライドで値が調整できるようになった

スクリーンショット 2018-12-01 09.38.58

今まで数値は手入力だったのですが、このように入力する際にスライダーが表示され、スーッっとスライドするだけで値を変更できます。

行の設定に限らず、どのモジュールでもこの機能はついてきます。

スライドを動かしながら調整できるので何気に便利です。

 

BB2.2_07

そして、想像以上に便利なはず!!と思われるいうこちらの機能。

マージンなどの数値は、今まで上下左右、それぞれ入力していたのですが、このリンク機能を使うと同時に変更可能に!もちろんリンク解除もできます。

これ、結構な時短機能ではないかと思います。

 

テキストスタイルが豊富になった

BB2.2_08

テキストのスタイルがめっちゃ設定できるようになりました。

各テキストのフォント、太さ、サイズ、行間の高さ、配置、テキストの影効果などなど・・・!!

テキスト整形系のAdd-onはもういらないかも・・・。

 

アニメーション機能も豊富になった

BB2.2_09

アニメーション機能、めっちゃ増えたーーーーーー!!!!!!

今までは、フェードかスライドだったんですけどね。秒数の設定なども細やかになりました。

LPとか派手なサイトにはもってこいの機能ではないでしょうか。

 

行の背景効果が豊富になった

BB2.2_05

行の背景効果が豊富になりました。

グラーデーションをかけたり、Separator効果ができるようになりました!!

波々〜とかSeparator効果も色々とあるのでぜひ触ってみてください!!

 

これまでは、BeaverBuilderだけの機能を使ってちょっと凝ったサイトを作成しようとすると、CSSでの調整が必要になったり、有料のAdd-onを併用して使う必要があったのですが、2.2リリースに伴い、BeaverBuilderだけの機能でCSSを全く書かずに美しいサイト構築が可能になりました!!

シングルページやLPであれば、もうこれで十分だと思います。

最初はBeaverBuilderだけでスタートして、後で必要であればAdd-onを追加していくというやり方でも良いと思います。

今回は、リリースされたので要点だけを記載しましたが、そのうち進化したBeaverBuilderでのデモも行います!

新しいBeaverBuilder、ぜひ触ってみてください!

 

Get Beaver Builder Now!

この記事を書いた人

Ryoko Nakashima

デザイナー / 熊本県八代市出身 / 神戸医療福祉専門学校言語聴覚士科卒業

卒業後は、医療機関・福祉施設へのサービス業務を行う会社にて、企画営業として勤務。
2008年にAQMへ入社。 子どもの頃からものづくりが大好きで、デザインについてはAQM入社後に独学で学ぶ。
企画営業で培ってきた経験や知識をデザインに活かし、ページ全体にストーリーを持たせたデザインがお客様より高評価を頂いている。
現在はBeaverbuilderを用いたサイト制作を中心とし、Webアセンブラーとして活動中。