サイト制作/CMS/外国語サイト他、インターネットのことなら何でも相談下さい。

AQMの新サービス!goku(ゴクー)のご紹介

goku_bg

こんにちは。

今回は、昨年11月にスタートしたばかりの新しいサービス、goku(ゴクー)をご紹介したいと思います。

goku_kintone01

まずその前に、私が実際に聞いたお話をご紹介したいと思います。

とある会社のとある部署において、事務所が離れた場所に2か所ありました。その部署のスタッフは数人でしたが、それぞれ2つの事務所間を行ったり来たりしており、勤務時間の関係もあり、同じ場所に全員がそろうことはごくまれ(月1回あるかないか)でした。

顧客管理、案件管理や見積もり等書類管理はエクセルや紙の書類を用いていましたが、それらは2つのうちの1つの事務所に保管していました。

すると、以下のような問題に日々頭を悩ませていたそうです。

・情報を確認する際には事務所にあるファイルを見なければならない。
→外出先から都度事務所に戻る、または電話で事務所に問い合わせ

・スタッフの誰かがファイルを持ち出している場合、顧客から問い合わせがあった際に対応できない
→迅速な対応できない

・担当者が社外にて打ち合わせや電話対応等をした場合、事務所に戻り記録するまで情報が共有されない(勤務状況によっては数日かかることも)。
→その間にお客様からの問い合わせに別の担当者が答えれば古い情報を答えてしまい、実際にトラブルへ発展してしまったケースが有る

似たような経験、ありませんでしょうか。
もしかしたら、kintoneで解決できるかもしれません。

kintoneとはどういうものか?ということについては、サイボウズ社のkintoneサイトあるいは過去のこちらの記事「kintoneのいい所、悪い所(第一回)」「kintoneのいい所、悪い所(第二回)」をご覧いただけますと、お分かりになるかと思います。

【3分でわかるkintone(https://kintone.cybozu.com/jp/feature/ より)】

goku_kintone01

「kintoneとは何か」という部分については、上でご紹介した記事やサイトをご覧になるとお分かりになると思いますが、
おおまかにまとめると、以下のようになります。

kintoneの特長

  1. プログラミング不要
    kintoneの良い点のひとつは、なんといっても開発、修正の速さです。
    この特長により、構築の速さだけでなく、「メンテナンスの容易さ」も実現しています。アプリ作成、変更に特別な知識、技術が必要ないため、簡単な操作を覚えていただくだけでお客様ご自身でメンテナンス(項目の変更等)が可能です。
  2. クラウド、スマホ対応
    kitoneで作成したアプリはクラウドアプリとなり、スマホにも対応しています。社内からだけではなく外出先からもデータの登録、編集、閲覧が可能です。例えば、客先に訪問し、その場で報告書をアップ(提出)してから直帰する、といったようなことが可能になります。
  3. セキュリティ対策
    「クラウド」と聞くと「セキュリティが不安…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
    kintoneの運用基盤であるcybozu.comでは、社外からのアクセスを特定ユーザーに限定できる機能(IPアドレス認証)を標準装備しており、想定外のアクセスをシャットアウトできます。
    また、データは4重にバックアップ。もしもの災害時等も安心です。
    cybozu社のセキュリティについてはこちら

 

gokuとは、「kintoneの導入を検討しているけれど、どう使えば良いかわからない」といった方を対象に、導入のお手伝いをさせていただくサービスです。もちろん、導入後のサポートも行っております。

gokuの特長

  1. 綿密なお打ち合わせ(初回ご訪問 無料!
    お客様にとってより使いやすいシステムをご提供させていただくため、gokuではお打ち合わせを重視しております。初回ご訪問は無料ですので、「コレはkintoneでできるかな?」ということがありましたらお気軽にお問い合わせください。
  2. データ移行代行
    これまでに蓄積されたデータをkintoneへ。移行もおまかせください。
    (データの形式によっては移行できない場合があります。「コレは移行できる?」という疑問がございましたらお気軽にお問い合わせください。)
  3. リーズナブル 運用開始まで一律30万円。
    自社専用のシステムを開発しようとすれば、数百万円を下回ることはほとんどありません。
    プログラミング不要のkintoneを使用することで、この価格を実現しています(別途kintone利用料1ユーザーあたり780円/月、税別が必要となります)。
    また、簡単な操作を覚えていただけますと、運用開始後、お客様ご自身でメンテナンス(アプリの調整等)も可能です。そうすることで、メンテナンスを外部に依頼する際のコストを抑えることができます。もちろん、弊社へご依頼いただいても大丈夫です。

現在、紙の書類で行っている業務、エクセルで行っている業務、問題ございませんか?

kintoneを使ってそれらの業務を効率化し、管理・集計等にかかる時間を減らすことができれば、人件費の削減や本来業務へかける時間の増加につながるかもしれません。

「この業務はkintoneでできる?」「このデータは移行できる?」などございましたらお気軽にお問い合わせください。

さらに具体的なkintoneの使い方や活用方法等のお話は、定期的に開催しておりますkintoneCafé熊本でご紹介しています。1月30日にはkintoneCafé熊本Vol.2が開催されますので、もしよろしければご参加ください。

お待ちしております。

goku_kintone02

 

コメントを残す