サイト制作/CMS/外国語サイト他、インターネットのことなら何でも相談下さい。

革新的! ブッキング・ドットコムが翻訳チャットサービスを開始すると発表

booking1

海外予約サイトの大手ブッキング・ドットコムは、旅行者と宿泊施設側がアプリのチャットを通じて直接会話できるサービスを開始すると発表しました。詳しくはこちら。

↓    ↓    ↓    ↓

ブッキング・ドットコム、予約後も旅行者とホテルが直接連絡できるメッセージ機能公開、42言語対応の自動翻訳機能も

このサービスのキモは、チャットが42言語の自動翻訳機能付きという事です。

もはやインバウンドの取り込みは九州の小さなお宿でも、もう避けては通れない道になっては来ていますし、むしろどんどん取り込んで欲しいのですが、もちろん外国語に堪能なスタッフがどこもいる訳ではなく(というか、むしろそれは少数)。

「言葉の壁は、真心とジェシスチャーでカバー!」と腹を決めてお客さんを待ってる前に、まず英語で質問メ-ルが結構来るんです(母国語でなくても、英語で送ってくれる人が殆どみたいですが)

『駐車場はあるの?』

『チェックインが遅くなって〇〇時くらいになるんだけど大丈夫かな?』

『食事のアレルギーがあるんだけど・・・』

『バリアフリーの部屋は・・』

「えっ、これ誰が返信するの?」ってのが最初のハードルだったりします・・・

それが、自動翻訳されて来るとしたらホントに楽ですよね。施設側にしても普通に日本語で返せば良い訳です。

 

また逆に、もしあなたが今から旅行する側であるとして、海外のホテルに

『チェックインが遅くなりますが大丈夫ですか?』

『加湿器を借りれますが?』

『空港からのアクセスは』

など気軽に日本語で打って聞けたらいいですよね?

行く前の不安がかなり払しょくされます。

『周りに食べる所はありますか?』などとも聞けるかもしれません。

このアプリは、予約を受ける側の施設だけでなく、海外に出る旅行者のハードルもずいぶん下げる気がします。

世界はどんどん狭くなりますね。

booking2